気診を習いたい方へ

気診を習いたい方へ

気診の学校

気診の学校

「小倉左羅の気診」のWebサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
このWebサイトを開かれた方は、きっとどこかで「気診」という言葉を聞かれたか、既に体験されてきた方ではないかと察します。
気診に初めて接した方には、とても不思議な世界に映ったかもしれませんが、少し習えば誰にでもできるという、とても当たり前の世界です。
現代に生きる私達は、目に見える存在だけが実態であると教え込まれて、見えない世界を否定してしまっています。
ですがその反面、目には見えない「感性」という言葉を、日常的に、なんとなく解ったようにも使用しています。
気診という聞き慣れない言葉を使うと、すこし抵抗あるかもしれませんので、気診を身につけるということは、
「感性を磨く、鋭くする。」
あるいは「潜在意識を開花させる」とも言いかえられます。
そう思うと、とても魅力的に聞こえませんか?
「私も感性豊かになりたい」という心の声が聞こえた方は、ぜひ一度「気診」の世界を体感して下さい。

現在募集中の講座

2021年9月開講の講座では受講生(2年生・3年生)を募集しております。
※詳細については下記ページをご覧ください。

>>気診の学校2年生2021

>>気診の学校3年生2021

講座内容

気診の学校

■1年生
気診初診者向けの講座です。
前期→身体に合うもの、合わないものを判別できることを目標にします。
後期→自分の気を調えることを目標にします。

■2年生
東洋医学の基礎を学びながら気診の基礎を学びます。
陰陽五行、気血水などを気で捉えながら気の診断、気診力をアップしていきます。
2年生からの受講も可能です。

2年生内容

1.東洋医学とは・気診概論
2.気血水・風邪
3.陰陽五行・五臓
4.未病と病因・気診で診る病因
5.四診・オーラについて
6.六病位・風邪の段階と漢方
7.食養生・気診で診る五行
8.経絡・経筋気功
9.ツボ・夢分流
10.漢方・漢方気診・遠隔気診

3年生内容

食養生、漢方、講師養成と各専門別に分かれて気診を学びます。
実践で使えることを目標とします。

■食養生
医食同源というように、食事で身体を調えることができます。
今、この季節、この状態にどの食材が合うか、そして今食べてはいけないものを気診断で選ぶことができるようになることを目標にします。

■漢方
漢方の基本を学びながら、自分の気血水、五臓の状態を把握し、漢方の気で調えられるようになることを目標にします。

■講師養成講座
気診の学校1年生の講座を行えるようになることが目標です。
気診を伝えるミッションを担います。

その他の講座

自然療法講座
養生・食養生・ツボ・漢方・気診の5つの自然療法を1日で学ぶ講座です。

臨床研究会
3年生まで修了しましたら、研究会で一緒に学びます。
座禅、自己調身、症例検討、食や漢方情報など

>>お申込はこちらから